【JSリファレンス】%GeneratorPrototype%.throw()

更新日:2024/06/14

%GeneratorPrototype%.throw()は、%GeneratorPrototype%オブジェクトのメソッドです。

このメソッドは、Generatorオブジェクトイテレーターとしての機能を提供する、Iteratorインターフェースの一部です。

メソッドを実行すると、ジェネレーターにエラーを検知したことを通知します。
ジェネレーターは引数で受け取った値で、エラーをスローします。

 

■構文

%GeneratorPrototype%.throw( exception )
  1. exception: エラーとしてスローする値
なし

 

■使用例

const g = function*(){
  let r;

  r = yield 1;
  console.log( `yieldの戻り値:${r}` );
  r = yield 2;
  console.log( `yieldの戻り値:${r}` );

  r = yield 3;
  console.log( `yieldの戻り値:${r}` );
}
const g2 = g();

try{
  console.log( g2.next(10) );
  console.log( g2.next(20) );
  console.log( g2.throw(new Error("エラー!")) );
}catch(e){
  console.log(`エラーをキャッチ${e}`);
}
// 結果:
// { value: 1, done: false }
// yieldの戻り値:20
// { value: 2, done: false }
// エラーをキャッチError: エラー!

更新日:2024/06/14

書いた人(管理人):けーちゃん

スポンサーリンク

記事の内容について

null

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。

「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。
そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

掲載コードについては事前に動作確認をしていますが、貼り付け後に体裁を整えるなどをした結果動作しないものになっていることがあります。
生暖かい視線でスルーするか、ご指摘ください。

ご意見、ご指摘はこちら。
https://jsref.affi-sapo-sv.com/info.php

 

このサイトは、リンクフリーです。大歓迎です。